上手くなるには1秒でも長く滑ることが重要だけど、雪が無くては勝負にならない…

海外まで修行に行けるのなんて、時間のある学生かライダー位のもの。しかし諦めてはいけません!最近はシーズンオフにトレーニング出来る施設が各地にバリバリ増えてます。これを利用しない手はないぞって事でオフトレ施設を紹介しましょう!

元祖オフトレ!室内ゲレンデ!

今は亡きザウスを筆頭に、室内に撒いた人口雪で滑れる室内ゲレンデ。オジサン世代はオフトレと言えばココ。

冬はゲレンデ篭り、夏の間は近くに住んでバイトをしつつ通い滑り倒す、そんな人も多かったですね。駐車場にテントを張って過ごす猛者もいましたね(笑)

人口とはいえ雪なので実際の感覚に近い練習ができるし、特別な道具は必要なし。何よりやっぱり雪の上は気分もアガる!しかし、怪我のリスクはゲレンデと大差がないかも…新技にトライするのは勇気が要ります。

しかも全体的に数は減少中…さみしいですね。

プールへダイブ!ウォータージャンプ!

ブラシと呼ばれる人工芝の様なマットを雪面代わりにし、アプローチ、キッカーを制作。キッカーを飛び出した後のランディングはデカいプールが待ってます。

画像は海外だけど、国内にもこんな施設がいくつもあります。

ウォータージャンプ

エアリアルやモーグルのエアの演技(ジャンプ)の練習の場としては一般的だったけど、ここ何年かでスノーボードやフリースタイルスキーでも効率よくかつリスクを少なく練習出来る施設として広まりました。

ひとつの施設内で大きさ、角度などが違うジャンプ台が設置されレベルにあった練習が可能、かつ着地が水なので失敗しても怪我のリスクを少なくできます。バックフリップや3Dなど頭が下に来る技はここで試すといいんじゃないでしょうか。

とはいえ、落ち方、アプローチでの転び方によっては大きな怪我もあり得ます。

ほとんどの施設でヘルメット、ライフジャケットは必須、水温によってウエットスーツまたは水着と必要な装備が増えますが、レンタルもあるのでさほど気にする必要はないでしょう。

板は着水の衝撃で意外と折れることがあるので要らない板推奨。ブーツももれなく浸水するので臭くなったりインナーが緩くなってしまうかもしれません。

夏は調子イイですが、冬場は小学生ばりに唇真っ青になるでしょう(笑)